しらたまぜんざい

  • 170512/美味しい本

    新規キャンバス2

    数日あけましてこんにちは。
    本当は前回の記事を投稿した後、連続で記事を投稿する予定だったのですが
    GW後の怒涛の仕事の締切ラッシュで結局後日になってしまいました。すみません。

    そういえば、拍手ボタンがいつも記事についていると思うのですが、
    拍手ってコメント機能あったのですね…。先日コメントフォームを発見致しました。
    COMPの事から、前回の塩本、お仕事の応援まで、色々と過去に渡り
    送って下さった皆様、ありがとうございました。ようやっと読むことが出来ました。
    読んでいて、過去のことでも最近のことでも、とても励みになり嬉しかったです。
    これからもご期待に添えられるように頑張っていかなきゃな~と感じました。
    マイペースに、ちょっと小走り気味で、頑張ります。


    ------------------------------------------------------------------------------

    そんなわけで。
    過去に塩本1と2の方の制作秘話のお話を書いたのですが、
    今回はソルトキッチンのお話を色々していきたいな~と思います。

    まずはソルトキッチン、ご好評いただいておりまして、ありがとうございます。
    通販在庫が現在、売り切れや在庫極小になっていたりしていますが、
    (店頭分を通販にしわ寄せをしていただいているのでたまに復活しています)
    家にある在庫分をメロンさんに追加で納品することになりましたので、
    数日後にはメロン各店舗及び通販在庫が復活するかと思います。
    (他の塩本シリーズ同様、今後の増刷の予定は今のところありませんので
    家から発送する在庫で最後になります)
    まだ手に入れてない!または今回の記事で気になって下さった方がおりましたら
    是非この機会にお手にとっていただければと思います。

    塩本メロンブックス通販ページ

    ついでに、メロンちゃんの担当さんからお話を伺ったのですが
    4月の総合ランキングで5位だったそうです!やったね!
    試作に試作を重ねた甲斐がありました。努力って大事だ。

    それと、前回の塩本1・2に続き、ソルトキッチンの記事も
    アキバブログさんで書いてもらえました!
    どんな本なの?何が載っているの?と疑問に思っている方は
    こちらを目に通してもらえますと、書いている内容が伝わると思います。

    アキバブログさん紹介ページ


    それでは今回も箇条書きで!いきます!

    ◆ソルトキッチンを作ったきっかけ
    元々塩本2のあとがきで言っていた通り、自分の中での塩本は2巻を作った事で
    書きたいことを全て出しつくしており、完結しておりました。
    そんなところである日、サークル仲間の博麗の紙さんから1本電話を頂いたのです。
    「紹介したい知人が居るのだけど、話をしても良いかな?」と。
    色々聞いていくと、実は自分の知人に塩にめっちゃこだわっているレストランを
    経営している人がいて、料理もお酒も美味しいから
    そのお店を草太を通してもっと色々な人に広められればな…という話でした。

    個人的にも「塩にこだわっているレストラン」というのが初耳でしたし、
    何よりプロの料理人さんの塩の使い方がすごく気になったので、
    「もっと話をいろいろ聞かせてくれ!!!!!」と掘り下げてみました。
    そして紙さんと話をしているうちに、取材をさせて頂ける流れになり
    当初はこのブログで紹介の記事を書かせて頂く予定だったのですが、
    紙さんや、電話口でそのお店のマスターさんと話していくうちに
    (紙さんが丁度お店で飲んでいて、酔っ払って電話をしてきたらしい)
    徹底的に取材してプロの意見を聞いて文章にして雑誌みたいに編集して、
    それに加えて自分たちで考えた塩レシピを載せた本を作るか!!!!
    という流れになりました。

    元々は本を作らない予定でしたが、話を聞いていてこのブログに収めるには
    あまりにも勿体無い話が多く、写真や文章で紹介したい!って思ったんです。
    あとは前々から気になっていたグルコミの二次募集の締切が丁度近くにあり、
    グルコミに参加するにあたって「これほど題材の合う同人誌があるか」と思い制作を決めました。

    一応「スピンオフ」という形の本になっていますので、「塩本2.5巻」あるいは
    「ソルトキッチン」と読んでくださると嬉しいです。


    ◆制作の苦悩
    今回の題材「レシピ本」ということで、前にもちょろっと書いたと思うのですが
    まー料理していなかったんですよ。ついでに引っ越してからは毎日しています。
    制作当初は一人暮らしで、特になにもないのに自分ひとりの食事に料理をするのは
    しんどい…なんて思っていました。
    本を作るにあたって必要な時(塩に合わせる食材を探す時など)は作ってたんですけどね。
    そんな感じでド素人なんですけど、
    「性質や特徴にあわせて食材に合わせる塩を考える」事だけは自信があるので、
    本やネットを参考にしながら大まかに作りたい方向性を考えて試作したり、考えたり、
    物足りない場合はアレンジを加えたり塩を変えたり…なんてことをしていました。

    逆に今回一緒に本を制作した紙さんは、日頃から料理をしていて
    (男性なのに毎日していてすごいと思う)
    私よりよっぽど経験があるので、紙さんに色々聞いたり、提案したりもしました。

    こんなエピソードなんかもあったので、貼っておきます。(クリックで拡大)
    新規キャンバス1
    くっそ汚い走り書きですまん。
    レシピ本で載せていた揚げ出し豆腐の制作エピソードなのですが
    日頃から料理をしている人間だからこそ発見できる特権だと思いました。すごいや。

    こんな感じで悪戦苦闘しつつ、紙さんと二人でそれぞれレシピを考えては共有したり、
    実践してみたりして、レシピを固めていきました。
    (それに並行して、本全体のレイアウトをしたり、導入部分を考えたり、取材する内容を
    考えたりと、ちょっとばたばたしていた)


    ◆レシピのこだわり
    「ソルトキッチン」の題材通り、かなり塩分濃度の濃いレシピ本になりました。
    というのも、やっぱりメインは塩なので、どうしても塩味が多くなるのは当たり前なのですが
    一応、和洋両方をバランスよく考えたりしています。
    (本の前半は和食、後半が洋食メインになっています)

    あとは、塩なめろうとか塩肉じゃがとか、
    通常は醤油や味噌をメインで使う料理ですが、あえて塩味にトライしてみたりしました。
    特になめろうは私が考えたのですが、如何に味噌を使わずに魚の臭みを消すか
    かなり考えました。結果、薬味の他にごま油で臭みを抑えることにしました。わーい。
    元々、明太子が好きだけど臭みが苦手でごま油をかけて食べていたので
    そのアレンジを鯵にもしてみたら臭みが軽減した!という感じです。

    あとはソルトクッキーなんかはわりとメジャーな気もしますが
    「つぶつぶの塩をつかって食感の残っているタイプって見たこと無いな」と思い、
    あえて粒の大きな[わじまの海塩]を使ってみたりと、ちょっと挑戦的な事をしてみたり。

    その他のものも、色々と悩み悩みしつつも
    塩!って感じのレシピになったんじゃないかなーと思います。
    もちろん、食材に合わせた塩はどれもこだわりをもって考えましたよ!


    ◆レイアウトの話
    毎回レイアウトでこだわっている塩本ですが、今回は「THE・レシピ」って感じの
    王道なレイアウトになっていると思います。
    食品ばーん!レシピ細々!塩紹介は忘れずに!…って感じです。
    塩の紹介は今回の本が初見の方はもちろん、前々から読んで下さっている方にも
    おさらい的な意味合いで今回も載せています。新しい塩もいくつかあったしね!
    またインタビューページも、王道なレイアウトにしました。
    文字を敷き詰めつつ写真もちらほらと載せて、雰囲気をお店に合わせて…と。

    良くも悪くも今までの中で1番無難なレイアウトになっていると思うのですが
    逆に言うと、先人たちの考えてきたこのレイアウト形式こそが
    1番伝えやすく、簡潔に収まり、おしゃれなレイアウトなんだなと感心しながら
    デザインしていました。



    …と長くなってしまいましたが、だいたいこんな感じです。
    いつも通り支離滅裂だったり、誤字があったり、伝わりにくかったらごめんなさい。

    なんだかんだでスピンオフのゆるい本にしようと思っていたのですが
    こだわりにこだわった結果、ある意味今までで1番ニッチになったかもしれない。
    こんな企画に長くまで付き合ってくれた紙氏、本当にありがとうな。


    ------------------------------------------------------------------------------

    販促

    塩本の話題ばっかでしたが、
    実は4/30にあったCOMIC1にサークル参加していました。
    そして新刊も作っていました。
    なんだかんだでこちらではイベントの告知をしていなかったようです。すみません。
    自分もまわりもすっかり嵌ってしまったけものフレンズの本を作っておりまして
    こちらもメロンブックさんで委託をお願いしておりますので、是非宜しくお願いします。

    けものーと 通販ページ

    こっちの本は本当にイラストがメインで、ちょっとしたアニメの感想や
    キャラの話をのせているだけなので、塩本みたいに考えず
    頭空っぽになっていても楽しめると思います。
    自分自身も、好きなキャラを思う存分描けてとても楽しかったです。

    ついでに、版権ジャンルの本を作るのは3年ぶりくらいだったりします。
    あと、1ヶ月で2冊本を作ったのは初快挙だったりします。すごーい!

    ------------------------------------------------------------------------------

    ■その他お仕事など

    111179.jpg
    軸中心派さんにて、昔書いた紫陽花のイラストをタペストリーにして頂きました。
    描いたのが数年前ですので、タペストリー化にあたって少しデータの手直しをしています。
    下記にて販売していただいておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

    軸中心派 タペストリー通販ページ

    111180.jpg
    艦これさんで水無月およびバレンタイ水無月を描かせていただいています。
    イベント報酬の艦娘なので、ゲットの報告を沢山頂きました。ありがとうございます。
    是非、遠征や攻略のお供に使っていただければと思います。

    その他、月刊めろり4月号さんにて、インタビューページを特集で載せて頂きました。
    (記事の1番上のイラストと一緒に、塩本の話や、サークルが出来たきっかけ、
    初めて参加したイベントの思い出など、同人活動について色々と語らせて頂きました)
    配布は終了してしまっておりますが、もしお手元にもっているよ~!という方がおりましたら
    読んで頂けると嬉しいです!

    スポンサーサイト

    170506/COMPの話

    皆さんお久しぶりです。草田です。
    最近引っ越しをしまして、まーーーー色々手続きに追われたり片付けに追われたりで
    お金が吹っ飛ぶわ時間はなくなるわで中々大変ながらも充実した日々を過ごしております。
    自分の作業部屋もようやっと一区切り片付いたぜ…。

    そんなこんなで更新したい話題が沢山あったのですが、遅くなってしまいました。
    今回は多分、記事2~3本立てになるんじゃないかな?と思うので、
    暇な時にちょろっと読んでくだされば嬉しく思います。

    ------------------------------------------------------------------------------

    そんなこんなでまずはお仕事のお話から。
    株式会社コンプ様にて、
    宣伝キャラクター(COMPちゃん(仮))のデザインを担当させて頂きました。111178.jpg
    Twitterでのプロモーションツイートに使って頂けているみたいですので
    もしお見かけしましたら、お気に入りやRTをしてくださると嬉しいです。

    ついでに、COMPさんのTwitterにてスマートフォン用の壁紙も配布して下さっていますので
    是非ゲットしてみて下さい~!


    そんなわけで。
    このお仕事は、私がCOMPを愛飲していたのをきっかけに頂けた案件でしたので、
    ここで個人的なCOMPの飲み合わせについて語っていこうかなと思います。
    長くなりそうなので覚悟して下さいね。


    ◆COMPを購入したきっかけ
    まず、私がCOMPを知ったきっかけは、知り合いの方が何名か飲んでいたのを見かけて
    一人暮らしで即席めんばっか食っていた自分もちょっと健康志向に…なんて
    思ったのがきっかけです。未来的な宣伝文句にも惹かれました。
    あとは粉系の飲み物(ダイエット飲料のやつとか)の味が普通に好きだったので
    興味本位で飲んでみたい!…なんて思ったりも。粉っぽいもの好きなんですよねー。


    ◆COMPの味とか量とか
    COMPが届いた初日はとりあえずそのままストレートに水割りで飲んでみました。
    個人的な感想は「豆乳とアーモンドミルクを足して2で割った感じ」です。
    甘さの加減は市販のアーモンドミルク(加糖)に近いと思います。
    それに豆乳っぽいまろやかさが加わっています。ちょっと粉っぽい感じもありましたが、
    その辺のプロテイン飲料よりは確実に粉っぽくないと思います。
    粉っぽい感じの飲み物も好きな自分ですが……時代の進化を感じる…。
    あとはすっごい溶けやすいです。シェーカー無くてもスプーンでかき混ぜれば溶ける。
    ただ一食分の量がかなり多いので、大きめのジョッキやグラスが無い方はシェーカーも
    一緒に買うことをおすすめします。自分は使っていたコップを割った時に後悔しました。

    腹持ちはめちゃくちゃ良いです。というか量が多すぎて自分は一食分を休み休み、
    1時間以上かけて飲んだりしていました。途中で腹がキツくなります。
    袋タイプとパウチ二種類買ったのですが、袋タイプのほうが私みたいな方には
    丁度良いかもしれません。粉飛びはしますが量の調整が自由に出来て結果的に楽です。


    ◆オススメの飲み合わせとか
    COMPの醍醐味は何と言っても「飲み合わせを自分で開拓する事」だと思います。
    最近だとプリンとか作っている強者も見かけますね…すごいぜ。
    自分がCOMPを飲んでいて美味しかったもの、フツーだったもの、アカンかったものなどを
    つらっと書いてみようかと思いますので(これが書きたくてこの記事を書いたのだ!)
    「COMP気になってんだよ~」とか「買ったけど飲み合わせに悩み中」なんて方がおりましたら
    ご参考にしていただければ。

    [↑めっちゃおいしい / 個人的にアカンかった↓]
    ・伊藤園 毎日1杯の青汁
     COMPがあと一食分しか無い!ってときに試したのですが、前々から試せば良かったと
     思うくらいには美味しかったし後悔した。
     元々「豆乳風味でほんのり甘いさっぱり抹茶味」でそのまま飲むのも大好きな飲み物
     なのですが、COMPの甘さやまろやかさと絶妙にマッチして、すっごい満足しました。
     (個人的に製品の200mlというのも好きすぎて物足りない量だったので)
     甘すぎず、それでいてしつこく無く、栄養もCOMP青汁というバッチリ満点な組み合わせなので
     是非試してみて下さい。おすすめです。

    ・いろはす もも
     COMPは先駆者の方たちから「水っぽい飲み物が合う!」と聞いていたので、水系飲料が色々
     豊富ないろはすシリーズを何種類か試してみました。その中で一番美味しかったのが桃味。
     少々甘いですが、甘いのが苦手~!って方以外なら普通に美味しく飲めるんじゃないかなと。
     水系の飲み物の欠点は粉っぽさが目立つところですが、桃は粉っぽさを感じにくいです。
     あとは後味に癖がないのも◎。桃ラテみたいな感じでデザート感覚で飲めます。
     個人的リピート率ナンバーワン。

    ・ローソン グリーンスムージー
     よく「合う!旨い!」というのを目にしたので試してみたら、普通に美味しかったです。 
     ただスムージーだけだとドロっとしすぎてとんでもない事になったので、水を入れて割りました。
     そのままだとマドハンドが出てきそうな感じでドロっとしています。
     野菜が嫌いなのでグリーンスムージーって飲んだことが無かったのですが、COMPと混ぜたら
     普通に美味しそうな見た目になりました。ただ原液を飲む勇気はまだ私にはありません。
     味はちょっと甘めのフルーティーな味です。青っぽさはほとんど感じませんでした。

    ・カゴメ野菜ジューズ 紫
     紫の野菜ジュースがいちばん好きだったので試してみました。無難に美味しかったです。
     別のベリー系のジュースと合わせても美味しかったので、多分COMPとベリーは合います。
     味は甘めでテクスチャも固めなので、少し水を入れて飲むと良い感じ。
     野菜ジュースと合わせるとなんかこう、人間としての意識が高くなれる気がして嬉しくなる。

    ・天然水 はちみつレモン
     いろはすと一緒で色々なフレーバーが出ている天然水シリーズから。
     「意外と柑橘系が合う」という先駆者たちの助言の元試してみたら美味しかった系のやつです。
     はちみつもレモンも両方とも相性はバッチリです。ふつーに美味しい。ただちょっと甘い。
     いろはすももに次いでリピートが多かった飲み方です。

    ・コーンポタージュ粉
     知り合いの作家さんにオススメされて、イベントの差し入れでそう言えばコンポタ貰ってたなーと
     思い出して試してみました。味はまろやかになったかな?って感じのコンポタです。
     すっごい合うし美味しいのですが、味にほとんど変化が無くてCOMPを合わせて飲むことで
     楽しめる「意外性」というものがないかもしれない。
     手軽にカロリー摂取したい時や、固形物無理だけど栄養取りたい…でも量はいらん…なんて
     時にピッタリだと思います。溶かす水(湯)の量が少なめで済み、少量で満足できます。

     (たぶんここまでが個人的にリピートしたいと思う範囲)

    ・いろはす アロエ
     甘さは丁度良かったです。粉っぽさも水系の中では控えめ。
     ただ、後味がうーん…でした。香料と合わないっぽいです。青っぽいような、なんというか…。
     後味さえ美味しければリピートしたかな、な一品。

    ・天然水 ヨーグリーナ
     天然水シリーズ第二弾。ヨーグリーナは発売当初気になって購入していて、飲んだ事が
     あるのですが、「氷が溶けて薄まった乳酸菌飲料だ…あとすっぱい」という感想で、
     正直うーん…という感じでした。が、知り合いの方がおすすめしていたので試してみました。
     結果として、そのまま単体でヨーグリーナを飲むよりも3倍くらい美味しく飲めました。
     美味しく飲めたのですが、多分私がそもそもヨーグリーナの味自体が好きではないからかも
     しれません…独特の酸味が後味まで響いてちょっとリピートはキツイなと感じました。
     粉っぽさもほとんどありませんし、酸味のおかげで甘さもキツい感じはないので、
     普通にヨーグリーナが好きな方なんかは美味しく飲めると思います。わしは合わなかった…

    ・リプトン ミルクティー
     COMPで珈琲系と並んで人気な紅茶系統からオーソドックスにセレクトしました。
     甘さは思っていたよりも控えめでした。粉っぽさも無いです。
     ただミルクティー単品の方が好みでした。紅茶の渋み?癖が後味に強く感じます。

    ・いろはす りんご
     甘い。めっちゃ甘い。あと粉っぽさが目立ちました。
     あとはちょっと後味に癖があります。そして甘さが口に残る。

    ・カゴメ野菜ジュース 豆乳バナナ
     「美味しい」と聞いて試して個人的に失敗した一品。
     豆乳バナナという商品名から黄色っぽい色をまず期待したが実際は赤~オレンジ色で
     COMPと合わせた時の見た目がアレでした。あと、スムージー系に習ってドロッドロなので
     水を入れて飲みましたが、グリーンスムージーよりも甘さがガッツーンと来て、
     正直飲むのがいろいろ辛かったです。

    ・りんご100%ジュース
     いろはすりんごで若干残念な思いをしたのですが、草田はめげずに大好きなリンゴジュースで
     リベンジをしました。その結果がこれだ。
     まず甘い。とにかく甘い。尋常じゃないくらい甘い。あとすごいボリューム感。
     これはもういろはすで良いのでは…と思いながら水を入れました。でもいろはすより甘いです。
     後味も100%ジュース独特のフレッシュな青っぽさ?と甘さが引きずります。キツいです。
     とにかくもう「飲みきるまで辛みしか無かった」というくらいキツかったです。味も量も。
     個人的結論は「COMPとりんごはダメだ」です。
     あとは林檎だけでは無いとは思いますが、基本的に100%のジュースはCOMPに合わせない
     方が良いかもしれません。野菜ジュース系以上に甘さがすごい事になるので。
     桃とかパインとかもヤバそうな気がします。
     (例外としてオレンジジュースは美味しいみたいです。私はオレンジジュースもとい
     オレンジが駄目なので試していませんが、甘さより酸味が強めだからでしょうか)


    …と、だいたいこんな感じです。
    今はCOMPの在庫が切れてしまっているのですが、
    追加で購入しようと思っているので、また色々試してレビューを上げられればなーと思います。


    そんなこんなで完全食COMP!
    最近は新商品も開発しているみたいですゾ!
    気になる方はレッツトラァァァアアイ!よろしくね!(個人的宣伝)

    170331/グルコミ告知

    お久しぶりです。草田です。

    いきなりなんですけど、明日4/1に開催されるグルメコミックコンベンションにサークル参加致します。
    ホンマいきなりでごめんなさい。水面下で料理作ったり取材したりバタバタしてたのだ

    というわけで新刊出ます。
    やっつけですがグルコミのお品書きです。
    buroguyou

    詳しいサンプルはこちらから。

    【グルコミ/通常08】 明日葉ソルトキッチン 【本文サンプル】 by 草太@冬3日目東 シ−12b on pixiv



    グルコミ初参加!まさか自分がサークル参加をする日が来るとは…。
    会場は横浜、中華街エリアの近くですので、お近くの方は是非!

    ◆当日のあれこれ◆
    ・なるべくぴったり会計にご協力ください
    ・サインは当日頒布物及び草田草太のサークル等の作品のみOKです(版権寄稿本等はNG)
    ・スケブや色紙は先着でお受けいたしますが、たぶん酔っ払っているので期待しないで下さい。
     (こちらもオリジナルのみでお願い致します。)
    ・お話は午後、ゆっくり出来る状況でしたらできるかな?と思います。
     混雑時及び参加者さんが後ろに並んでいる場合などはおやめ下さい。マナーを大切に!
    ・多分売り子さんのほうが酒や食に詳しいので、話すの楽しいかもしれない。

    ------------------------------------------------------------------------------

    なんだか今回も変な本を作ってしまいました。今までである意味1番変かもしれない。
    料理に関しては普段はほとんどしない、ド素人ですがレシピ本というものを作ってみました。
    自分なりにこの塩とこの食材で作ってみると良いかな?とか、
    試作でこの料理をちょっとアレンジして塩をついでにつっこんだら美味かった…など
    素人なりで考えたり行動したりで練りに練ったレシピのつもりです。
    ちょっと奇抜なレシピ多めかも。

    過去の塩本を楽しめた方が読んだら、きっと過去の本も今回の本も
    10倍くらい楽しめる本にはなったかな?と思います。そんな目標を掲げて作りました。
    やっぱりいざ塩を買っても使いみちが分からくて「うーん…」ってなるかな?と思ったので、
    お手本…という程立派なものではありませんが、ご参考になれば…という思いで作りました。
    (もちろんご家庭で使っている普通の食塩でも大丈夫ですよ!)

    まあでも、やっぱいろんな塩を使うのは楽しい!って感じの本です。
    寝不足と疲れと酒で頭が働かない。


    そういえば、グルコミってお酒呑めてご飯たべて本が読めるらしいですね。
    初めて行くのでわっくわくです。うへへへへ。会場内でお酒呑めるのしゅごい。
    たらふく美味しいものを食べて、お酒を呑んで、本を漁りたいです。
    サークル参加より一般参加として永遠と回っていたい…。
    おそらく会場ではゆっくりできるかな?と思うので、色々な方とお話ができればなーと思います!
    お酒呑みながら!ね!

    あ、あと、お仕事のお知らせも書きたかったのですが、なんだか長くなりそうなので
    グルコミから帰ってきたらまた更新したいと思います。それでは!

    ------------------------------------------------------------------------------

    追記  新刊ですが、一つ修正があります。
    新刊内で取材をさせて頂きましたイタリアンバー「パルビーノリ」さんの営業時間ですが、
    「ランチ…~15:30」と書いているのですが、現在のランチ営業時間は「14:00」迄だそうです。
    宜しくお願いします。

    170120/塩本1&2巻再販しました+塩本の製作裏話/寝不足の恐怖

    akeome.jpg

    皆さん、新年あけましておめでとうございます。
    今年も成長をしながら、皆さんに絵を沢山見ていただけるよう頑張りますので
    何卒よろしくお願いいたします。

    …というわけで新年ですね。
    新年早々、昨日救急車で運ばれるという情けない体験をしてしまいました。
    大きな事故に合ってしまったとか、大病を患わったというわけでは無いのでご安心ください。
    まあ詳しい経緯は後半にて。

    ----------------------------------------------------------------------------------

    コミックマーケット91では寒い中スペースにお越しくださりありがとうございました。
    また、差し入れ等ありがとうございます。作業の片手間に美味しく頂いております。

    新刊「も~っと!Salt!」、おかげさまでメロンブックさんの通販のほうでも、
    沢山注文をいただけたようで、完売しておりました。
    イラスト本とはまた違う尖った本だったので一巻を出した時同様に心配していたのですが、
    沢山の方にお手にとって頂けて嬉しいです。

    手持ち分の完売に伴い、1巻と2巻を再印刷をして、メロンブックスさんで
    また置いていただけることになりました
    ので、
    「完売して買えなかった…」という方や「1巻が無くて気になるけど手を出しなかった…」
    「2巻は持っているけど1巻を持っていなくて困っていた」…などという方は是非ご利用下さい。
    (私の手元には両方既に無く、加工の関係もありこれ以上増刷する予定はありませんので
    1巻2巻同時に購入出来るのは最初で最後の機会になりそうです。
    この機会に是非お手にとっていただければ…と思います。)

    ■塩本1巻通販ページ
    ■塩本1巻特設ページ
    ■アキバblogさんの紹介記事記事ページ

    ■塩本2巻通販ページ
    ■塩本2巻特設ページ
    ■アキバblogさんの紹介記事記事ページ

    塩本の気になる中身につきましては、特設サイトや紹介ページをご参照下さい。
    クリックすると「さあ、飛ぶわよ!」ってなります。ドロシー可愛いですよね。

    ----------------------------------------------------------------------------------

    そういえば昨日、塩本の製作に関して色々とTwitterでご返信させていただいていたのですが
    ちょっと良い機会ですので(巻末にも書きましたが2巻で区切りにしようかなと思っていたので)
    塩本をどうして作ろうと思ったのかや、塩本の中に仕込んでいた細工を種明かししようかなと。
    (語彙力が無くて伝わらない部分も多そうでアレなのですが…許せ!)

    ■塩本を作ったそもそもの経緯

    塩味の多い家庭だったからか、塩辛いものが好きな家系だったからか、
    元々私は「塩」が大好きでして、昔からおやつ代わりに塩を舐めるような変わった人間でした。
    (小学生の時に愛知万博でピンクの岩塩の塊を買って舐めていたり、
    家族が沖縄に行ったりしたときはおみやげに塩をねだって買ってきてもらい、
    それを3ヶ月ぐらいで一袋ぺろっと食べたり…みたいな事をしていました。頭悪いです。)
    そのせいか何なのか、単に親も好きだったのか、
    実家でも昔から色々な塩が置いてあって、親が料理毎に結構塩を変えたりしていました。
    大人になって一人ぐらしをし始めて、二週間で食卓塩(赤いキャップの瓶のやつ)が
    一本なくなったのはさすがに自分でも驚きましたが…纏めるとまあなんかすごい塩食べてました。
    そんなこんなの話を友人にしていたら「塩の本でも作ってみれば?」と言われ、
    ニコ生とかでも「机に塩いっぱい並べて作業中食べてます」とぽろっと言ったら
    「塩の紹介本作りましょうよ!」という流れになったので、作ってみようかなと決めました。
    絵の本ばかり描いていたので、いきなり塩の本を描いてはたして受け入れられるか、
    が不安で仕方なかったのですが…ついでに塩についてこの機会に調べてみよう!
    と自己満足の意味も込めて作りました。

    ■塩本のコンセプトと仕掛け

    「塩本」というわけで塩を紹介する本なのですが、評論本って「興味のある方が知識を得るために取る本」
    というイメージが自分にあって、ただ書いて出しただけじゃ読んでもらえないだろうな、と思い
    そもそものターゲットを「いつも自分の絵の作品をお手に取っていただいている方」や
    「自分のイラストに興味を持ってくださった方」に決めていました。
    なので1巻の時点では多分、いざ本を読んでみたら「?」と最初に思った方が多かったと思います。

    そこで塩本を制作するにあたって、最終目標を
    「絵に興味があって買って読んだけど絵よりも塩のが気になってしまった」
    …と言わせられるような本にしよう!と決めました。

    1巻と2巻ではそこに関しての編集の毛色がはっきり分かれていまして、
    塩って色々種類があるみたいだけど味の違いとかよくわからないし、どれ使っても一緒じゃない?
    と思われている、または興味すらなかった方が大半だろうなと思っていたので
    1巻は「塩ってこういう物だよ」という事を冒頭で説明した後、取り上げた塩のちょっとした写真をのせて、
    手に取りやすくイメージがし易いようにイラストで使い方を説明していました。
    また、塩の産地や塩製作の背景を文章に起こして、個人的な感想の部分も多めに取り、
    図鑑のように見やすく、わかりやすく、伝わりやすく、味のイメージがし易い構成にしました。
    そんな形で「取り上げた塩」に重点的に視点を置いたのが1巻になります。

    2巻に関しては、1巻で塩に興味を持ってもらえた方が結構居てくださったお陰で
    「もっとニッチな編集にしよう!」と考えました。
    そんなわけで、2巻は1巻ではちょこん…と携帯で取った写真を1枚載せていただけでしたが
    写真を専門にしている綿飴さんに協力してもらい撮影した、高解像度の写真を載せました。
    パッケージと塩それぞれを。塩は写真を取る時に「粒の質感や色がなるべく細かく伝わるように…!」と
    かなり無理なお願いをしながら撮影して頂きました。長時間の撮影になってしまい本当に申し訳ない…
    1巻の手応えは感じていたので、あえて2巻はイラストを紹介に使いませんでした。
    「イラスト」という自分の専売特許武器を使わなくても、塩のみでも1巻以上に興味を持ってくださる編集ができるか
    挑戦したレイアウトになっています。より塩分濃度が濃くなっているでしょ!!ね!

    そんな感じで塩の紹介ページだけでも色々と細工をしていました。
    伝わっているかどうかは謎ですが…あはは。
    あとは2巻の話ですが、1巻同様に塩の話だけではつまらないな、と思い
    塩工場のレポートや、レシピを載せたり、アイキャッチに塩の写真を載せたりしてみました。
    1巻は紹介のみだったので、2巻は実践してみてね!という風呂敷を広げた感じです。
    レシピに関しては「これ作ってみました~!」とTwitterで結構報告をして頂けて嬉しいです。
    やっぱり知るだけじゃ先には進まないので、買って!使って!食べて!って思っていたので…。
    1巻の巻末に載せた塩屋さんのMAPを2巻の最後に載せたのもそういう理由です。
    気になったけどどこで買えるの?とならないように、あえてそのページだけは流用させて頂きました。

    あともう一つ。
    「塩に興味を持ってもらうなら、塩を紹介するのではなくその塩を擬人化したらどうですか?」
    という意見をいただきました。自分の武器を存分に活かせて確かにごもっともだなと思います。
    擬人化をした作品に関わっていることもあり、
    自分も塩本を作る時に興味を惹くためにそう考えた事もあったのですが、
    でもそれだと「塩」ではなく「塩を擬人化した自分の絵」を好きになって、好きになって下さった方が、
    絵に満足をして大半の方が「塩を買う」という最終目標のところまで行かないだろうなあ…と感じました。
    あくまで塩本は「塩」そのものがメインで、自分のイラストはその興味を惹くひとつの脇役に過ぎません。
    なのでやはり塩に興味を持って、塩を買って欲しいと思っていたので、その考えはボツにしました。

    …かなり長くなってしまいましたがそんな感じです。
    正直、この本を作るまでは自分でも全然塩の歴史や、作る製法の種類、成分などを
    知らなかったので、私自身大変勉強になりました。

    この記事を読んで気になってくださった方、再販で両方購入をしてくださった方
    是非「塩」に萌えて下さい。

    ----------------------------------------------------------------------------------

    塩本について自分の思っていることを書けたので、冒頭のお話に戻りましょう…。

    一昨日の夜、塩本の話を委託の担当者とお話している時に、塩本の2巻も注文数が多く
    現状の通販におくる手持ち分では足らないので増刷しましょう、という流れになりデータを編集し
    印刷所の入稿処理をしていました。
    そして翌朝(昨日)、「今日入稿完了しないと再販日に間に合わない~!!!」
    といそいそしながら本文のデータを入稿するために印刷所さんへ向かいました。
    (2巻は表紙とカバーは入稿出来るのですが、本文はページが多く、
    自宅では入稿出来ないので印刷所に直接データを持っていっています。)

    その時、通勤ラッシュの満員電車の中だったのですが、
    乗り換える駅の1駅前で急に激しいめまいと気持ち悪さ、冷や汗に襲われてしまいました。
    座りたくて仕方がなかったのですが、満員電車の中座ることなんで出来ねえ!迷惑や!!
    あと一駅で降りれるからそこでベンチに座って休もう!と思っていました。
    この考えが甘かった。
    駅についた途端、逃げるように電車から出たのですがその時点でもうフラフラで
    なんとか壁をつたいながらベンチを探していたのですが、どんどん視界が黒く見えなくなってしまい
    目も見えない死にかけの状態で歩いていたら壁にぶつかって、
    身体をぶつけた反動でべしゃっ…と倒れてしまい、意識はあったのですが起き上がれなくなってしまいました。
    偶然後ろを歩いてくださった方が一部始終を見ていたのか声をかけてくださり、
    ベンチまで支えながら連れていってくださり、さらに駅員さんまで呼んでくれました。
    女神様でした。
    朦朧として声が出なくてお礼を言えなかったのが本当に申し訳ないです。
    そして救護室(という名の駅長室?)に車椅子で運ばれ、そのまま近隣の病院に救急車で運ばれた…って訳です。

    ここまで聞くと、「あれ、なんかやばくない?」って思うじゃん?
    大丈夫、オチはあるから。

    まあ救急車で運ばれたと言っても、病院につく頃にはほぼ体調は戻っていました。
    担架で運ばれる時すっごい恥ずかしかったです。
    一応血液検査と心電図取りましょうというわけで検査をしてもらったのですが、
    結果はなにも異常がなくて安心しました。(2年ほど健康診断受けていないのでなおさら)

    ではなぜ急に倒れたのか、となるじゃないですか。私も疑問に思いました。
    お医者さんが言うには原因は「迷走神経反射」というものらしいです。
    な、なんじゃそりゃー!!と聞いたことがなかったのですが、
    自律神経が乱れていたり、特定のストレスの状況下にる場合に突然血圧が下がって、
    脳が酸欠状態になり倒れてしまう、という物らしいです。
    1番身近な例えだと朝礼中に倒れてしまう学生さんや、血液検査で倒れてしまう体質の方など。
    過去に周りで居たよ!という方や、自分がそうであった方も居るのでは
    実は一昨日、諸事情で眠れない状況下に居たので睡眠を取っておらず、徹夜の状態でした。
    睡眠不足の影響でいっそう引き起こりやすい状況になっていたところに
    満員電車という人のストレスと、ずっと立ちっぱなしという状況が重なって起きちゃったみたいです。
    人が多いところは苦手なのは昔からあったのですが、朝礼で倒れたこともないし、
    コミケ時の電車でも会場内でも特に何も今までなかったし、
    会社に通っていたときも、寝不足の状態で外出していても起こらなかったので、正直ビックリしています。
    年が…年が原因なのか?!
    …というわけで、病院を出る頃にはすっかり元気になっていましたのでご安心下さい。
    血圧も駅で救急隊の方が計ったときは89でしたが、病院で計ったときは110に戻っていました。
    (塩の食べ過ぎですが高血圧ではないよ!)
    特に怪我もしていないし、大病も患わっていません。無事に入稿も出来ました。

    ただ、そのあと調べてみたら、特にこれと言った予防策がないそうです。
    しっかり寝る!自律神経を整える!!ストレス溜めない!!みたいな曖昧な感じで、
    時間帯によっては満員電車は避けられないからうーんって感じです。
    ちょっと満員電車にトラウマを感じてしまいました。
    まあ注射とか毎回気持ち悪くなってしまう方に「気持ち悪くなるな!」というのは無理がある事なので
    それと同じ感じなんだろうなとは思うのですが、なかなか難しいですね…うーむ。
    とにかく「電車にのる前の日はしっかり寝る!」というのを心がけたいと思います。

    こんな話をしましたが、「迷走神経反射」というものは誰にでも起こる可能性があるので
    あんまり他人事ではないですよ、と伝えたかったんです。
    特に持病がなくてもある日突然発症してしまうみたいですし、
    人によってはトイレで起きて倒れたりするみたいなので…お気をつけ下さい。


    皆さん睡眠を大切に。

    161229/C91のお知らせ

    すっかり寒くなってきまして…お久しぶりです。
    C91のお知らせです。

    コミックマーケット91、3日目シ-12bでスペースを頂いております。
    osinagakiaa.jpg

    バナー1
    新刊の特設はこちら
    メロンブックスさんでの委託をお願いしています。こちらから購入出来ます。

    ----------------------------------------------------------------------------

    今回は塩本第二弾です。前回よりより塩分濃度が濃くなった76Pのボリュームの本になります。
    また初めての試みではありますが、カバー付きの本にしてみました。
    マットPP加工をしているので高級感のある仕上がりです。
    取り上げた塩の種類も前回より大幅に増やし、また工場見学レポや塩を使った
    簡単なレシピなど、自分の書きたいことをすべて詰め込んだ本になりました。
    いつもの二人の四コマもあるよ。
    頑張って編集しましたので、前回を読んでくださった方にも、
    今回が初めてだという方にも是非お手にとって頂きたいです!

    また、幻想酒場さんの委託で塩瓶2本セット、
    前回初手の方で完売してしまったTシャツも改めて用意致しました。
    幻想酒場さんの塩瓶は手作りのため数が少ないです。
    購入を検討されている方はお早めに来ていただければと思います。
    塩Tは、前回よりは数を用意したので前回ほどシビアでは無いと思いますが、
    こちらもあまり数を用意していませんので
    購入を検討されている方はお早めに来ていただければ…と思います。

    ◆当日のあれこれ◆
    ・サイン/スケッチブック等は大型イベントのため対応出来ません。すみません…
    ・2列会計にご協力をお願い致します
    ・お釣りは用意していますが、ピッタリ会計にご協力下さい
     また万札のお会計は、開始分30分ぐらいはご遠慮いただければと思います。
    ・お話などは午後の空いた時間帯でご対応致します。お気軽にどうぞ!
     お隣さんのご迷惑にならないよう配慮して頂けますと助かります。

    ◆お仕事関係◆
    111177.jpg
    西4ホール、企業ブース[3322]
    E☆2さんのブースで発行される合同誌【和奏(わかな)】にて一枚イラストを描かせて頂きました。
    天鵞絨色です。名前から伝わるとは思いますが、
    大好きな緑をふんだんに使えてとても楽しく描かせて頂きました!
    こちらもよろしくお願いいたします。


    寒い日々が続きますが、当日コミケの会場まで足を運ぶ方は
    風邪を召されないように暖かい格好でいらして下さいね!
    それでは!