しらたまぜんざい

170512/美味しい本

新規キャンバス2

数日あけましてこんにちは。
本当は前回の記事を投稿した後、連続で記事を投稿する予定だったのですが
GW後の怒涛の仕事の締切ラッシュで結局後日になってしまいました。すみません。

そういえば、拍手ボタンがいつも記事についていると思うのですが、
拍手ってコメント機能あったのですね…。先日コメントフォームを発見致しました。
COMPの事から、前回の塩本、お仕事の応援まで、色々と過去に渡り
送って下さった皆様、ありがとうございました。ようやっと読むことが出来ました。
読んでいて、過去のことでも最近のことでも、とても励みになり嬉しかったです。
これからもご期待に添えられるように頑張っていかなきゃな~と感じました。
マイペースに、ちょっと小走り気味で、頑張ります。


------------------------------------------------------------------------------

そんなわけで。
過去に塩本1と2の方の制作秘話のお話を書いたのですが、
今回はソルトキッチンのお話を色々していきたいな~と思います。

まずはソルトキッチン、ご好評いただいておりまして、ありがとうございます。
通販在庫が現在、売り切れや在庫極小になっていたりしていますが、
(店頭分を通販にしわ寄せをしていただいているのでたまに復活しています)
家にある在庫分をメロンさんに追加で納品することになりましたので、
数日後にはメロン各店舗及び通販在庫が復活するかと思います。
(他の塩本シリーズ同様、今後の増刷の予定は今のところありませんので
家から発送する在庫で最後になります)
まだ手に入れてない!または今回の記事で気になって下さった方がおりましたら
是非この機会にお手にとっていただければと思います。

塩本メロンブックス通販ページ

ついでに、メロンちゃんの担当さんからお話を伺ったのですが
4月の総合ランキングで5位だったそうです!やったね!
試作に試作を重ねた甲斐がありました。努力って大事だ。

それと、前回の塩本1・2に続き、ソルトキッチンの記事も
アキバブログさんで書いてもらえました!
どんな本なの?何が載っているの?と疑問に思っている方は
こちらを目に通してもらえますと、書いている内容が伝わると思います。

アキバブログさん紹介ページ


それでは今回も箇条書きで!いきます!

◆ソルトキッチンを作ったきっかけ
元々塩本2のあとがきで言っていた通り、自分の中での塩本は2巻を作った事で
書きたいことを全て出しつくしており、完結しておりました。
そんなところである日、サークル仲間の博麗の紙さんから1本電話を頂いたのです。
「紹介したい知人が居るのだけど、話をしても良いかな?」と。
色々聞いていくと、実は自分の知人に塩にめっちゃこだわっているレストランを
経営している人がいて、料理もお酒も美味しいから
そのお店を草太を通してもっと色々な人に広められればな…という話でした。

個人的にも「塩にこだわっているレストラン」というのが初耳でしたし、
何よりプロの料理人さんの塩の使い方がすごく気になったので、
「もっと話をいろいろ聞かせてくれ!!!!!」と掘り下げてみました。
そして紙さんと話をしているうちに、取材をさせて頂ける流れになり
当初はこのブログで紹介の記事を書かせて頂く予定だったのですが、
紙さんや、電話口でそのお店のマスターさんと話していくうちに
(紙さんが丁度お店で飲んでいて、酔っ払って電話をしてきたらしい)
徹底的に取材してプロの意見を聞いて文章にして雑誌みたいに編集して、
それに加えて自分たちで考えた塩レシピを載せた本を作るか!!!!
という流れになりました。

元々は本を作らない予定でしたが、話を聞いていてこのブログに収めるには
あまりにも勿体無い話が多く、写真や文章で紹介したい!って思ったんです。
あとは前々から気になっていたグルコミの二次募集の締切が丁度近くにあり、
グルコミに参加するにあたって「これほど題材の合う同人誌があるか」と思い制作を決めました。

一応「スピンオフ」という形の本になっていますので、「塩本2.5巻」あるいは
「ソルトキッチン」と読んでくださると嬉しいです。


◆制作の苦悩
今回の題材「レシピ本」ということで、前にもちょろっと書いたと思うのですが
まー料理していなかったんですよ。ついでに引っ越してからは毎日しています。
制作当初は一人暮らしで、特になにもないのに自分ひとりの食事に料理をするのは
しんどい…なんて思っていました。
本を作るにあたって必要な時(塩に合わせる食材を探す時など)は作ってたんですけどね。
そんな感じでド素人なんですけど、
「性質や特徴にあわせて食材に合わせる塩を考える」事だけは自信があるので、
本やネットを参考にしながら大まかに作りたい方向性を考えて試作したり、考えたり、
物足りない場合はアレンジを加えたり塩を変えたり…なんてことをしていました。

逆に今回一緒に本を制作した紙さんは、日頃から料理をしていて
(男性なのに毎日していてすごいと思う)
私よりよっぽど経験があるので、紙さんに色々聞いたり、提案したりもしました。

こんなエピソードなんかもあったので、貼っておきます。(クリックで拡大)
新規キャンバス1
くっそ汚い走り書きですまん。
レシピ本で載せていた揚げ出し豆腐の制作エピソードなのですが
日頃から料理をしている人間だからこそ発見できる特権だと思いました。すごいや。

こんな感じで悪戦苦闘しつつ、紙さんと二人でそれぞれレシピを考えては共有したり、
実践してみたりして、レシピを固めていきました。
(それに並行して、本全体のレイアウトをしたり、導入部分を考えたり、取材する内容を
考えたりと、ちょっとばたばたしていた)


◆レシピのこだわり
「ソルトキッチン」の題材通り、かなり塩分濃度の濃いレシピ本になりました。
というのも、やっぱりメインは塩なので、どうしても塩味が多くなるのは当たり前なのですが
一応、和洋両方をバランスよく考えたりしています。
(本の前半は和食、後半が洋食メインになっています)

あとは、塩なめろうとか塩肉じゃがとか、
通常は醤油や味噌をメインで使う料理ですが、あえて塩味にトライしてみたりしました。
特になめろうは私が考えたのですが、如何に味噌を使わずに魚の臭みを消すか
かなり考えました。結果、薬味の他にごま油で臭みを抑えることにしました。わーい。
元々、明太子が好きだけど臭みが苦手でごま油をかけて食べていたので
そのアレンジを鯵にもしてみたら臭みが軽減した!という感じです。

あとはソルトクッキーなんかはわりとメジャーな気もしますが
「つぶつぶの塩をつかって食感の残っているタイプって見たこと無いな」と思い、
あえて粒の大きな[わじまの海塩]を使ってみたりと、ちょっと挑戦的な事をしてみたり。

その他のものも、色々と悩み悩みしつつも
塩!って感じのレシピになったんじゃないかなーと思います。
もちろん、食材に合わせた塩はどれもこだわりをもって考えましたよ!


◆レイアウトの話
毎回レイアウトでこだわっている塩本ですが、今回は「THE・レシピ」って感じの
王道なレイアウトになっていると思います。
食品ばーん!レシピ細々!塩紹介は忘れずに!…って感じです。
塩の紹介は今回の本が初見の方はもちろん、前々から読んで下さっている方にも
おさらい的な意味合いで今回も載せています。新しい塩もいくつかあったしね!
またインタビューページも、王道なレイアウトにしました。
文字を敷き詰めつつ写真もちらほらと載せて、雰囲気をお店に合わせて…と。

良くも悪くも今までの中で1番無難なレイアウトになっていると思うのですが
逆に言うと、先人たちの考えてきたこのレイアウト形式こそが
1番伝えやすく、簡潔に収まり、おしゃれなレイアウトなんだなと感心しながら
デザインしていました。



…と長くなってしまいましたが、だいたいこんな感じです。
いつも通り支離滅裂だったり、誤字があったり、伝わりにくかったらごめんなさい。

なんだかんだでスピンオフのゆるい本にしようと思っていたのですが
こだわりにこだわった結果、ある意味今までで1番ニッチになったかもしれない。
こんな企画に長くまで付き合ってくれた紙氏、本当にありがとうな。


------------------------------------------------------------------------------

販促

塩本の話題ばっかでしたが、
実は4/30にあったCOMIC1にサークル参加していました。
そして新刊も作っていました。
なんだかんだでこちらではイベントの告知をしていなかったようです。すみません。
自分もまわりもすっかり嵌ってしまったけものフレンズの本を作っておりまして
こちらもメロンブックさんで委託をお願いしておりますので、是非宜しくお願いします。

けものーと 通販ページ

こっちの本は本当にイラストがメインで、ちょっとしたアニメの感想や
キャラの話をのせているだけなので、塩本みたいに考えず
頭空っぽになっていても楽しめると思います。
自分自身も、好きなキャラを思う存分描けてとても楽しかったです。

ついでに、版権ジャンルの本を作るのは3年ぶりくらいだったりします。
あと、1ヶ月で2冊本を作ったのは初快挙だったりします。すごーい!

------------------------------------------------------------------------------

■その他お仕事など

111179.jpg
軸中心派さんにて、昔書いた紫陽花のイラストをタペストリーにして頂きました。
描いたのが数年前ですので、タペストリー化にあたって少しデータの手直しをしています。
下記にて販売していただいておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

軸中心派 タペストリー通販ページ

111180.jpg
艦これさんで水無月およびバレンタイ水無月を描かせていただいています。
イベント報酬の艦娘なので、ゲットの報告を沢山頂きました。ありがとうございます。
是非、遠征や攻略のお供に使っていただければと思います。

その他、月刊めろり4月号さんにて、インタビューページを特集で載せて頂きました。
(記事の1番上のイラストと一緒に、塩本の話や、サークルが出来たきっかけ、
初めて参加したイベントの思い出など、同人活動について色々と語らせて頂きました)
配布は終了してしまっておりますが、もしお手元にもっているよ~!という方がおりましたら
読んで頂けると嬉しいです!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。